Umobileの回線速度や料金プランまとめ

Umobileの回線スピード

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてUmobileは、 NTTdocomoが提供する262.5Mbpsの4GLTE回線を使用した、格安のスマホサービスです。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。

Umobileでの通信制御

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、契約者が同じ条件で利用できるよう、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、規定のデータ通信量を超えた利用者に対し、通信速度の制限をしています。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。利用量が通常の範囲であれば、制限の対象になることはまずないと思われます。Umobileにおいて、直近3日間の制限対象となる通信量は公表されていません。

Umobileの口コミ

Umobileには多くのメリットが見られます。その1つとしては、4GLTEが無制限に使える使い放題プランでしょう。docomoのLTE回線を使用した高速通信が使い放題というのは、他のMVNO業者にはあまりみかけないプランとなります。通信量を重視した場合は他社から乗り換えれば、月々の料金を大きくカットする事が出来るのかもしれません。

通話プラン限定、毎月400〜600ポイント還元!

日本最大級の映像配信サービスを行っているU-NEXTで利用可能な、嬉しいことにU-NEXTポイントが毎月もらえます。LTE使い放題の2プランだとひと月で400ポイントがもらえ、それ以外のプランであればひと月で600ポイントも受取れます。U-NEXT内においては、およそ300円(300ポイント)で動画が1つ見ることが出来るので、月600ポイントであれば動画2つ程度が無料で見ることが出来ます。作品は、映画や国内海外ドラマ、アニメなど幅広く用意されています。月額利用料が3000円を下回る価格なのに、月々400〜600ポイントが付与されるサービスは、かなりお得な特典ではないでしょうか。

Umobileって?

MVNOの中に、Umobileがありますが、これは、U-NEXTという動画を配信している会社が運営している格安スマホや格安SIMです。2015年に東証一部上場もした、近年着実に成長を遂げている会社で、上場した事で更に信頼と安心感が増し、まだ知名度は低いですが、格安スマホの中ではとても人気があります。MVNO業界の中では珍しい、高速通信のLET回線の使い放題プランがあるのが大きな特徴です。LTE使い放題が良い方は、Umobile!そんな訳でして、Umobileがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。Umobileの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoエリア対応の格安SIMサービス

Umobileはdocomoの回線を使用しています。ですから、通話品質としてはdocomoを使用しているのとほぼ変わらなく、サービスエリアもdocomoと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。docomoのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。UmobileではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。Umobile対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、また新たに機種を購入する必要もありません。UmobileはNTT docomoよりも安い料金プランで、同等の通信品質を利用できるサービスです。

高速回線使い放題プランがある

Umobileは、LTE無制限プランがあるため他社にはない特徴があり、このサービスは他では簡単に真似が出来ないので、そこがUmobileのセールスポイントの1つです。高速通信を無制限で使いたい方にとっては、通信制限を気にせず使える、有り難いプランですね。しかもMVNOだけに料金は格安で、LTE使い放題で月額2,730円という安さを実現しています。大手キャリアの使い放題プランと比較すると、いかに経済的な価格設定なのかよくわかりますね。毎月、データ通信量を気にする方にとっては、うってつけのプランだと思います。高速通信を頻繁に使うというユーザーの方にはイチオシのMVNOです。LTE使い放題プランの詳細は、Umobile公式サイトをご覧ください。

オンラインで即日MNPができる!

Umobileでは即日MNPにも対応しています。MNP届け出方式を採用することでSIMカードが届いてからMNP転入をすることが可能となり、ネットで簡単に手続することができ、携帯端末が使えなくなるデメリットなしにMNP転入することが可能となりました。即日MNPを利用したい場合には、今までは店頭まで行く必要がありましたが、最近では、ネットが出来る環境にあればすぐに申し込めるようになっています。格安SIMサービス会社は携帯の使えない期間がいやで、乗り換えをためらっていた方も、もうこれで安心です。インターネット上での手続きはとても簡単で、手元にSIMカードが届いたら、Umobileの会員専用ページを開いて回線切り替えボタンを押すだけです。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

Umobile月額プラン

Umobileの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。月々の携帯代と見比べながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、確認してみてください。さて、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

Umobileの料金プラン・初期費用

Umobileの月額プランは、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、キャリアのスマホと同じように使う際には、音声通話可能なSIMを選ばなければいけません。音声通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データSIMの料金プランは、1GBプランで790円、5GBプランで1,480円、LTE使い放題プランで2,480円となっています。

「LTE使い放題プラン」では2,980円に設定されている毎月の料金が、250円安くなるサービスです。

ユーモバイルの解約縛り

Umobileの解約制限について、説明していきます。UmobileのデータSIMには最低利用期間がありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。ただし、音声通話SIMにむいては、最低でも半年間は使用しなければならないことになっています。万が一、6ヶ月以内に解約するとなると、解約手数料として、6,000円が発生してしまいます。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、7ヶ月我慢できれば、いつ解約しても手数料が無駄にかからないというのはいいですよね。

LTE使い放題2プランの解約縛り

他のプランと違い、LTE使い放題2プランの場合、他のプランの契約と違い、解約に関する制限があります。契約後6ヶ月以内に解約の手続きをとった場合、9500円の違約金をお支払い頂くことに7ヶ月〜12ヶ月目で解約をする場合では解約手数料は3,500円となります。解約以外にも、11ヶ月以内のプラン変更にはプラン変更数料として3,500円が請求されます。他のプランと異なる最低利用期間や解約料の設定については、あらかじめご了承ください。解約するのに少しハードルが高いように思えるかもしれませんが、その分LTE使い放題の月額料金が割安になるプランですし、利用期間が1年以上になる方であれば、LTE使い放題2プランを選択する事は賢い選択だといえます。

【今月開催中】キャンペーン情報