楽天モバイルの特徴まとめ | 料金プランや通信速度などの評判

楽天モバイルの特徴まとめ

格安SIMや格安スマホサービスがある楽天モバイルは、MVNOの一つです。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。回線はドコモで使用しているものを使っているため、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。という背景から、楽天モバイルの魅力をぐっと凝縮しました。楽天モバイルに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線網の格安スマホサービス!

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。気になる通話品質もドコモと同じなため、通話可能エリアも広いので、安心して通話を楽しむことができます。楽天モバイルの凄さは、NTTドコモのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。docomoのスマホを買う必要はありません。楽天モバイルでは端末とSIMカードのセット販売も行っているのでそちらを購入してもOKです。ドコモのスマホを所有している場合は、SIMカードの契約だけを楽天モバイルと行えば、そのままで使えるため、端末代もいらないので、とってもお安く乗り換えができます。信頼のドコモの回線を使えて、今までよりも安価で利用できるお得なサービス、それが楽天モバイルの格安スマートフォンサービスです。

格安スマホの機種が大量

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、スマホ本体の購入も必要になります。楽天モバイルで購入できるスマホは、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマートフォンだけでなくタブレットも選択可能なため、用途に合わせて利用可能です。唯一の弱点を挙げるとすれば、分割払いの割賦契約は楽天カードでのみ利用可能という所。楽天カードを持っていないとなると、分割払いを利用することはできません。ただ、そんな楽天カードも簡単に作れるし、機種も豊富なので他のMVNOより楽天モバイルはずっといいMVNOだと思ってます。

データ通信量の繰越しに対応

利用プランによって使える容量は異なりますが、通信の使用量は月によって差があるので、使いきれずに余らせてしまうこともあります。余っている通信料がもったいないと思うこともあると思いますが、楽天モバイルなら、ひと月で使い切れずに余った通信量を、翌月にに余った分をそのまま通常の通信量に上乗せして使うことができます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入する楽天モバイルの魅力が、いっそう光ります。
残ったデータ通信量を無駄なく利用できるというのは、満足度の高いサービスと言えるでしょう。

通話代がオトクな、楽天でんわ

電話代を半額にしたいなら楽天でんわが良いです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。通知される番号は、もちろん、いつも使っている電話番号が相手方に通知されます。携帯番号での番号通知ができるので、電話を掛けた相手も番号がすぐにあなただとわかるので楽天でんわは普段の通話となにも変わりません。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天でんわでの通話料金は、楽天ポイントが付くので通話料の割引分以上にお得なのです。通話し放題のサービスも始まりました。

5分カケホーダイとは?

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。「MVNOは使用料が安くてすむというメリットがあるから検討したいけど、電話をかけることが多いから通話料が心配。」という方も、安心の料金プランが発表されました。そんな人におすすめなのが、楽天モバイルが新しく設定した月額850円で5分間の通話がタダでできるというプランです。5分かけ放題オプションは大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、発信者番号通知に対応しているため、楽天でんわなどと同じように使用でき、通常の電話の発信機能を落とさず、5分以内の通話がかけ放題になるところがこのプランの一番の魅力です。NifMoというところの通話し放題サービスは、発信者番号通知がされない事があるみたいです。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、単純に月に40分から1時間以上話す人にとっては頼もしいサービスだと思います。

初月は無料に!

SIMを利用するために楽天モバイルと契約した場合は、初月の月額料金が無料になります。最初の一月というのは、SIMカードが届いた日の月のことです。SIMが届いたタイミングにより、1カ月分の料金が丸ごとゼロになることもありえます。ですが、今使っているスマホについても料金や解約料の支払いなどが生じるはずですから、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。乗り換えのタイミングは慎重に!”

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、ドコモの4G回線を採用したサービスとなっています。通信スピードに関しては、何不自由ない速度ですね。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルの魅力的な特徴の一つです。これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの3日間制限に関して

楽天モバイルでは、通信回線が一度に送れるデータ量にはどうしても制限があるものですから、利用者が公平に使うための知恵が求められるわけで、データの通信量が多くなりすぎた利用者は通信の速度を制限されました。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、規定された容量をオーバーした利用者に対して、通信速度制限が行われていたのですが、72時間制限が撤廃されたのは大きなニュースとなりました。要するに、楽天モバイルには、重いファイルをダウンロードしたとしても、3日制限の心配をする必要はなくなった事により、かなり使いやすくなりました!

楽天の格安SIMの月額料金と解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。現在の携帯電話代に比べて、携帯料金を節約できるかご覧下さい。どれだけ安くなるのか、料金プランの詳細を見てみましょう。

楽天モバイルの月額プラン・初期費用

楽天モバイルの月額プランは、SIMには2つの種類があります。データ通信専用のSIMと、音声通話ができるSIMです。070/080/090番で始まる電話番号は、音声SIMとなりますので、今持っているスマートフォンと同様に携帯電話として使用したい場合は、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

ベーシックプランというのは、200Kbpsの低速通信のみが使い放題となるプランです。それ以外のプランでは262.5Mbpsのスピードが出るNTTドコモのLTE高速回線が利用できるプランになっています。楽天モバイルでは、初期費用は一律3,240円だけです。ただし端末を購入する場合は、その費用も必要になります。

楽天モバイルの最低利用期間について

最低利用期間と違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、違約金が9800円も発生してしまうのです。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

楽天モバイルのキャンペーン