mineoの格安SIMってどうなの?評価や評判を調べてみた

mineo格安SIMのユニークポイント

MVNOの一つであるmineoは、AUとdocomoの回線を使用しながら格安スマホサービスを提供しています。月額料金もかなりリーズナブルに設定されていますので、大手キャリアからの乗り換えであれば、安くなること必須です。mineoは、月額料金がわずか1310円ということで注目されています。国内で初となるマルチキャリアMVNOのmineoは、ドコモ回線のDプラン、au回線のAプランがあるMVNOです。通話の質も対応エリアもドコモ及びauと同等ですので安心です。mineoって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、mineoに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomoとAUエリア対応の格安SIMサービス

mineoにはdocomoもしくはAUの回線を使ったプランがあります。回線はキャリアの設備を利用しているので品質は保証済み、使えるエリアもdocomoやauと全然変わりません。その上、docomo回線とAU回線を使っているのでdocomo、AUのスマホがそのまま使えるので、新しく端末を買わなくてもいいことです。乗り換える時に高額な端末代を節約出来る事は大きなメリットですよね!もちろん、新規機種としてmineoでセット販売されているSIMフリーのスマホを購入して利用することもできます。キャリア回線と同じものを割安で使えて、月々の利用料金も安く済むのは嬉しいかぎりです。回線によって月額料金に差があるので、その点も含めて契約プランを検討してみることをお勧めします。

高品質通話VoLTEに対応

VoLTE対応プランを取り入れたことで、注目を浴びているのがmineoです。VoLTEとはVoice over LTEの略でこれまでの通話方式に比べて非常にクリアな音質の通話ができる、新しい通話技術の名称です。それまでの方式で対応できたのは、周波数にして300Hz〜3.4kHzの範囲内に限られていました。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。VoLTEに対応したことにより、mineoの魅力が更にアップしました。

容量繰越しができる!

ケイ・オプティコムのmineoは毎月利用するデータ量を次の月に繰り越す事が可能なので、月によりデータ量が増減するような方でも、気兼ねせずに利用できるので、ユーザーにとっては大変利用価値が高いと思います。

mineoスイッチの活用で、データ量節約

mineoスイッチという新しい機能が搭載されており、高速に通信する必要が無いときは、低速な通信に切り替えることが可能となっています。節約したデータ容量の使い方ができるので、ユーザーには嬉しい機能ですよね。このmineoのスイッチとWi-Fiとを状況に応じて使い分けることで、さらにお安いプランで済ますことも出来るでしょう。月々の料金を安くするのにおすすめの方法です。

ケイ・オプティコムの格安スマホの料金プラン

mineoの料金プランや速度について、解説していきます。月々の携帯代と見比べながら、どれだけ通信費が抑えられるか、手掛かりとしてください。それでは、早速、月額プランの詳細を見てみましょう。

mineoの料金プランと初期費用

mineoの料金プランは、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。音声通話も出来るSIMは、090/080/070の電話番号が使え、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、音声通話ができるSIMを選ぶ必要があるので、気を付けてください。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円となっています。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの2年縛りは?

mineoの解約制限と解約手数料、これは頭に入れておいてくださいね。mineoは解約違約金や最低利用期間の設定がなく、解約時の手数料がかからない珍しいMVNOです。利用者にとって不要な出費となる違約金を気にせず格安SIMにトライできるので、これならば、お試しで使うことが出来ます。1年以内のMNP転出に限り、12,420円のMNP転出手数料が掛かってきます。通話SIMでご契約の場合、頭の片隅に入れておいてください。

通信速度

mineoが用意しているプランの通信速度にについて説明したいと思います。mineoのドコモ回線を使うDプランはドコモのXiと同じ最大225MbpsのLTE回線でしたし、AU回線を利用するAプランでも225MbpsのLTE回線です。あらゆる通信媒体でも紹介されているように、混雑する時間帯においては、キャリア契約時の回線速度と比べると劣ってしまうようです。アクセスが集中する時間帯でも安定した通信速度を求める方には、間違いなくキャリア契約の選択をおすすめします。とはいっても、料金面での安さを考えるとかなりお得ですから、満足出来るサービス内容だと思います。

mineo Aプランの72時間制限に関して

どのMVNOにおいても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っています。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、所定の容量をオーバーしたことが判明した利用者は、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。mineoでは、各料金プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランでの3日制限

mineoのDプランでは、直近の3日間の通信量を基にした速度制限は適用されません。日々のデータ通信量の差が大きい方でしたら、AU回線を利用するAプランよりもDプランを選ぶほうが、3日制限のことを考えなくて済むでしょう。これらに関しても、どちらのプランが適切か比べてみてください。

今月の限定キャンペーン情報