DMMモバイルの評価/評判を徹底調査!

DMMモバイルの評価

DMMモバイルの良いところは、月額料金が安いことと通信速度が速いことです。月額利用料金の安さと安定した速度の両方をお望みの方にとって、自信をもっておススメするMVNOです。レビューや口コミで高い評価を得ているのは、「早くてしかも安い」という点にあるのです。

安定した高速通信が人気の秘訣

DMMモバイルがどれだけ評判になっているかを見てみると、口コミなどで、通信速度の速さと安定性についての、評価が高いんです。利用料業界最安値水準で高速通信が安定していると言うことで、評価が高い格安SIMだそうです。更にDMMモバイルは月々の利用代金の10%をDMMポイントとして還元してくれるので、コスパと速度を追求したい方には、なんか文句の付けようが無いみたいです。格安スマホに乗り換えようと思っている方は、是非DMMモバイルを検討してみてはどうでしょうか。

DMMmobileの通信速度

MVNOと呼ばれる事業者は数多くありますが、なかでもDMMモバイルは、docomoからLTE回線を借りて、最大262.5Mbpsの高速通信サービスを提供しています。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。通信速度が高速で安定感があるDMMモバイルは、口コミサイトに書き込まれている内容を見ても、かなり人気の高いMVNOであるように見受けられます。格安だけど、通史速度も速いスマホをお探しの方には、おあつらえ向きといえるのがDMMモバイルであると、自信を持ってお勧めできます。

DMMモバイルにおける速度制限

DMMモバイルでは、低速通信環境で接続をしている場合、直近3日間に利用された通信量によっては、帯域制限の対象となり通信速度が制限されることがあります。一方、最大150Mbpsの高速通信時には、直近3日間の速度制限がかかることはありません。利用者の平等な利用環境のために、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、ここ3日間のデータ使用量で計算され、規定された容量をオーバーした利用者に対して、速度制限がかけられます。最近の3日間で使用したデータ量が定められた値を下回ると自動でこの制限は解除されます。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。

DMMモバイル月額料金と解約

DMMモバイルを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。今使っているスマホの料金と比べて、通信料金がどれだけ安く抑えることができるのか、考えてみてください。それでは、料金プランを見ていきましょう。

DMMモバイルの料金

DMMモバイルのプランは、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、従来の携帯電話と同じように使いたい場合には音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声通話SIMの月額プランは、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,380円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,910円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,680円、10GBプラン:2,890円、15GBプラン:3,980円、20GBプラン:4,680円:す。

データ専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円となっています。

DMMモバイルの解約制限について

DMMモバイルの解約制限と違約金について、説明していきます。DMMモバイルのデータSIMには最低利用期間がありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方通話SIMの場合は、最低12ヶ月の利用が絶対条件になります。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、違約金として9,000円が費用となりますのでご注意ください。大手キャリアと違う点は、違約金のかかる期間の更新がされないと言う点で、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

DMMモバイルのチェックポイント

人気格安SIMサービスの一つであるDMMモバイルは、動画配信サイトでおなじみ、「DMM.com」が運営する格安SIMサービスです。DMMモバイルの最大の特徴は、業界最安値を打ち出している点。何よりもMVNOに料金の安さを求める方は、DMMモバイルこそおススメしたいと思います。気になる通信速度も速くて安定感がありますし、動画の視聴などもストレス無く行う事が出来て快適にインターネットを利用できます。さてさて、DMMモバイルのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。気持ちを楽にして読んでみてください。

docomo回線のMVNO

DMMモバイルは格安でスマホを使えるサービスです。docomoの回線を使用しています。そのため通話している時もdocomo同じ品質で、電波の繋がりやすさにおいても心配する必要はありません。これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。DMMモバイルは、格安スマホサービスです。docomoの信頼のクオリティをそのままにスマホが使える、賢いあなたにぴったりのとってもお得なサービスです。

iPhoneが分割購入出来る

DMMには、iPhoneを分割払いで購入することができるという特徴があります。一般的にMVNOでは、低価格な海外のSIMフリー端末が主に利用されており、人気の機種があまりないってことが、ちょっとどうかなって思うのですが、DMMモバイルでは、最新のiPhoneも揃っており、MVNOを利用を希望しiPhoneを分割購入したいのであれば、DMMモバイル以外に思い浮かぶ会社はありません。格安SIMでiPhoneを利用したい場合は、是非DMMモバイルを検討してみて下さい。しかし、DMMモバイルでのiPhoneは、品切れとなっている場合が多いので、在庫がある内にて、極力早めに申し込み手続きをするのが良いでしょう。

余ったデータ通信量の翌月繰り越し対応

選択されたプランによって使用出来るデータ容量が異なりますが、月によっては、使用量が少なくてかなり残ってしまうこともあるでしょう。しかし、こういった場合でもDMMモバイルであれば、残りのデータ容量を翌月に持ち越すことが可能なのです。余ったデータ容量の持ち越しを行っていないMVNOもあるため、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するDMMモバイルの魅力が、いっそう光ります。残ったデータ容量を繰り越し事ができれば、サービスを余すところ無く利用できるので、支払う料金以上の価値があると思います。

ネットで即日MNPに対応

DMMモバイルは即日MNPに対応しています。DMMモバイルではMNPの手続き方法として、「自動方式」と「届け出方式」の2種類を用意しており、ネットで簡単に手続することができ、即日MNPが完了するので、携帯が使えなくなるという恐れはまったくありません。指定の店舗に来訪して即日MNPを行うのが一般的でしたが、DMMモバイルならばネット環境さえあればどこでも手続き、即日MNPが可能となっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、乗り換えには気が進まなかった人でも、積極的にMNP切り替えをすることが可能です。この即日MNPは、SIMカードが届いたらDMMモバイルの会員サイトにアクセスして回線の切り替えボタンをクリックするだけで終了です。難しい事はなにもなく、簡単に切り替える事ができるので、格安スマートフォンが一段と身近になりますね。 

DMMモバイル契約者全員に、DMMポイントを毎月ゲット

DMMモバイルと利用契約を結んでいる間、月々、利用額の1割がDMMのポイントとなって還元されるという、お財布に嬉しいキャンペーンが開催されています。基本料金のみに限らず、通話からテキストメッセージまでもを対象としているため、合計金額の10%もポイントがつくと、DMM.comで動画視聴をしている方には最高なキャンペーンですね!ただでさえ、月々の料金が業界内でもトップクラスの安さであるのに、そのうえさらに、10%もポイントバックされるので、この月々の料金の安さとポイントバックだけで、もう惹かれてしまいます。是非一度、モバイル業界の最先端を行くDMMモバイルをご検討してみてはと思います。

バースト機能│さらに快適な低速通信

DMMモバイルはバースト機能付きという特徴があります。ここでは、あまり聞き慣れない「バースト機能」について説明をしていきます。バースト機能は、低速で通信をするときに最初の3秒ほどを高速で通信することで、それにより、新しく開くページの表示速度がぐんとあがる機能なのです。このおかげで、低速通信になっても表示されるのが高速になるので、ページ表示が遅いという感じがあまりなくなり、ストレスを感じずにネットができますので、今、注目を集めているのです。ただ、DMMモバイルとIIJmioでしか採用されていない機能となっています。

間もなく締切の限定キャンペーン